女の婚活 婚活 男の婚活

「こんなにやったのに」は自己申告制に

こんにちは!

MARU'S MARRIAGEの一丸未来です(^^)

 

今日は『母の日』ですね!!

皆さんお母さんに感謝の気持ちは伝えられましたか?

世の中のお母さん、毎日お疲れ様です。

本当母には感謝してもしきれないですね。

 

さて、

例えばこんなことはありませんか?

頑張って伝えたのに、

彼が思ったよりも動いてくれなかった。

すごく努力したのに、そんなに喜んで貰えなかった。

 

愛するがゆえに「彼のために」する行動

 

けれど、いくら愛しているとはいえ、

なかなか見返りがないと、心のどこかで疲れてしまいますよね。

 

こうしたとき、見返りをくれなかったことに

腹を立てていると、それが恨みに変わり、

「ことあるごとに相手に文句をいう」

関係になってしまいます。

 

こんな時は、

「あなたの愛を理解する余裕がなかった彼」

を許してみましょう。

 

もしかしたら、その時他のことで

いっぱいいっぱいだったのかもしれない。

 

もしかしたら、あなたの愛を理解出来るほど、

感受性を持っていなかったのかもしれない。

 

まずは、彼と自分は違う価値観と感受性を持っていると理解します。

 

その上で、「喜んで貰ったからした」ということを

丁寧にあなたの言葉で伝えてみましょう。

 

まとめ

違いを感じながらも、思いは伝える。

「評価されること」だけを求めるのではなく、相手との意思疎通も大事にしてみてください。

伝わることが必ずあるはずです。

 

MARU'S MARRIAGE

https://www.ibjapan.com/area/tokyo/32951/

婚活するか迷っている方・今の婚活に不満のある方・自分に自信がない方など・・!!

お気軽に無料カウンセリングお待ちしております。

     

    -女の婚活, 婚活, 男の婚活

    © 2021 MARU’S MARRIAGE Powered by AFFINGER5